みんな違ってみんないい!ピル!

ピルに含まれる主な成分とは

避妊薬として使用される低用量ピルですが、その主成分はエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンです。これは女性ホルモンの一種で、妊娠中に分泌されるホルモンです。そのため、ピルを服用すると体内に吸収された薬のホルモンにより、人の脳下垂体は「身体が今、妊娠中である」と騙された状態になります。女性は妊娠すると生理が止まります。同様に脳下垂体が騙されると生理が止まります。排卵を促す黄体化ホルモンの分泌が抑制されるため、卵巣は排卵する必要がなくなり休眠状態に入ります。また、服用を止めると黄体化ホルモンは分泌が促され、正常に生理がスタートします。そのため、ピルは月経周期の28日間周期で繰り返し飲みます。まず21日間毎日飲み続け、7日間は飲まないか偽薬を飲みます。そうやって服用することにより生理の周期をコントロールして、妊娠をしない身体の状態を作っています。
また、このピルの女性ホルモンは避妊以外にも影響します。女性ホルモンには美肌効果があります。そのため、服用すると肌荒れやニキビの改善効果もあります。また、周期をコントロールしているため、周期が乱れがちだった方も安定します。
しかも含まれているのは女性ホルモンの類似ホルモンなので、身体に悪影響はありません。避妊薬なので、止めた場合に不妊になるのではと心配する方もいますが、そんな心配の必要はありません。低用量ピルは不妊には全く影響しません。妊娠をしたくなったら、服用を止めるだけでいいのです。
ピルというと使うことを躊躇う方もいますが、配合成分は安心できるものです。女性に嬉しい効果もたくさんあります。気になった方は一度、医師に相談することをお勧めします。
■ピルを手に入れよう
ピルを通販で購入するには
■ピルでもヤーズは低用量ピルになります
ヤーズの副効用について