みんな違ってみんないい!ピル!

ピルを服用した際に起こる風邪や胸焼けの症状について

ピルは毎日同じ時間に服用し、決められた服用の順番を守ることで高い避妊の効果を発揮したり、子宮系の治療、月経前症候群の改善などに役立てることも出来、女性の力強い味方とも言えます。しかし服用したことで微熱や風邪の様な身体が怠い症状、胸焼けの様な不快感を訴える場合があります。これらの症状はピルの服用による副作用であるとされ、実際にこの様な症状を感じた人はピルを飲み始めた時に感じた場合がほとんどです。
ピルには妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが必ず配合されています。妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが体内に多く存在していることで脳は妊娠したと勘違いし、排卵停止の指令を送り、結果として避妊や子宮を休ませる効果を発揮することが出来ます。しかし黄体ホルモンが多く存在し脳が妊娠したと勘違いする、ということは身体も妊娠初期の症状を訴えてもおかしくなく、その症状として風邪の様な身体の怠さや胸焼けの症状が副作用として出てきます。副作用の症状はピルを使用しておくうちに気にならなくなることが分かっていますが、使用しても副作用が無くならなかったり、もしくは副作用を強く感じ生活に影響を与えてしまっている場合は、もしかすると身体に合っていないかもしれないので、処方してもらった医療機関で他のピルに変えてもらったり、副作用の症状を緩和する薬を処方してもらいましょう。
ピルは正しく使用することで効果を発揮することが出来る女性の強い味方だと紹介しましたが、服用することで生活に支障が出てしまっては服用そのものすら困難になります。自分に合ったピルを探してみたり他の手段で緩和することは、自分の身体と生活を守る大切な事なのです。