• 若年性更年期障害でピルを服用はタバコは控えよう

    2016年5月26日

    更年期障害とは、本来女性ホルモンの分泌が減少する40代以降に症状が出始めるとされていますが、その症状が40代以前の年代であらわれてきてしまうのが若年性更年期障害です。 女性の社会進出による精神的ストレスの増加や、過度なダイエットによる栄養不足、タバコの喫煙による女性ホルモンの低下などによってホルモ...

    記事の続きを読む